2018年08月17日HACCPの制度化に対応するため導入支援を開始


平成30年6月13日に食品衛生法が改正され、東京オリンピック開催となる2020年度からHACCPが制度化される見込みとなっています。
 これにより、食品等事業者は「HACCPに基づく衛生管理」または「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」での衛生管理を行うこととなり、その対応が迫られています。
 このため、フードバレーアグリビジネスセンターでは、本年度、県南地域からモデル事業者5者を選定し、アドバイザー派遣により「HACCPに基づく衛生管理」が導入できるように支援を行っています。
 モデル事業者の結果については、皆さんのHACCP導入の参考となるよう2月頃に報告会の開催を予定しています。

 HACCPについてはこちら(厚生労働省)

実習風景



  • ピックアップ記事1
  • ピックアップ記事2
  • ピックアップ記事3
  • ピックアップ記事4