2018年08月17日JAやつしろの”冷凍梨”を使った商品が金賞を受賞


熊本県物産振興協会の平成30年度優良新商品表彰事業において、JAやつしろの“冷凍梨”を使った、らくのうマザーズの「熊本育ち 吉野梨&ヨーグルト」が最高賞の金賞を受賞しました。
 フードバレーアグリビジネスセンターでは、“冷凍梨”の開発や販路開拓、商品化に向けた支援を行いました。

 

【受賞までの経緯】

平成27年度   ・JAやつしろ吉野梨の傷やヤケ果等の対策として加工の検討を開始。
          ・アグリビジネスセンターから幅広い活用と長期保存が可能な“冷凍梨”を提案。
           併せて、保存中に色が変わらないよう褐変防止技術等を支援。
          ・JAやつしろトマト加工所にて製品化。

平成28年度   ・JAやつしろとらくのうマザーズをマッチング。
          ・商品化を目指して試作・検討を重ねる。

平成29年度   ・11月に商品化決定。
          ・3月から発売開始。

平成30年度   ・熊本県物産振興協会の平成30年度優良新商品表彰事業にて金賞を受賞。

商品画像    賞状と盾



  • ピックアップ記事1
  • ピックアップ記事2
  • ピックアップ記事3
  • ピックアップ記事4