アグリビジネスセンターの概要

アグリビジネスセンター正面玄関

アグリビジネスセンター正面玄関

熊本県の県南に位置する八代地域、芦北地域、球磨地域では、トマト、イグサ、ショウガ、デコポン、クリ、晩白柚など、全国トップレベルの農産物や、近年生産が拡大しているキャベツ、馬鈴薯などの露地野菜が栽培されており、これら農産物の生産力はこの地域の「強み」となっています。

熊本県では、こうした県南地域の豊富な農林水産物を活かし、食品・バイオなどの研究開発機能や企業を集積させる「フードバレー」の形成を推進することにより、地域の活性化を目指すため、平成25年3月に「くまもと県南フードバレー構想」を策定。現在、「食」関連産業の振興に向けた幅広い取り組みを展開しているところです。

フードバレーアグリビジネスセンター(略称ABC)は、県南地域の豊富な農産物を生かし、高付加価値化に関する試験研究を行うとともに、6次産業化の支援や事業者と食品関連企業などとの新たな結びつけを行い、地域の活性化につながるオープンイノベーションを創出することを目的に、県南地域の研究拠点である「アグリシステム総合研究所(旧 い業研究所)内」に整備されたものです。

当センターでは、農業に携わる方や企業の方の相談窓口となるほか、農産物や加工品に関する研究開発、加工品の試作といったさまざまなニーズにワンストップでお応えすることで、6次産業化や事業拡大を支援します。 フードバレーアグリビジネスセンターが、「県南フードバレー構想」の推進拠点として、農業に携わる方々や企業の皆様が多数集い、業種の垣根を越えて交流し、新しいアイデアやビジネスの芽を次々と生み出す、イノベーションの旗印となることを目指してまいりますので、ぜひご利用ください。



  • ピックアップ記事1
  • ピックアップ記事2
  • ピックアップ記事3
  • ピックアップ記事4