2017年09月05日2015年9月15日(支援事例)「えんむすび♥」プロジェクトを始めました 


(要旨)

有限会社御立岬が取り組んでいる温泉塩を使ったブレンド塩やゆず胡椒などの商品開発を支援しました。

また、誘客アップに向けた企画立案のためにアドバイザーを派遣するとともに、「恋人たちが誓う岬」のシンボルとなる新たなオブジェの設置を支援しました。

 

(1)背景・課題

有限会社御立岬は芦北町の指定を受けた指定管理者として、御立岬温泉センターや海水浴場キャンプ場、物産館などの管理・運営を行っており、平成25年には温泉水を使った塩の製造を新たに開始しました。

平成27年7月、温泉塩を使った新商品開発や、観光資源を活かした塩や塩加工品の販促について相談を受け、支援を行いました。

(2)支援内容

【温泉塩を使った加工品の試作支援】

地元の特産品であるレモンや甘夏果皮の粉末、搾汁した果汁を使った商品開発を支援しました(加工機器の利用や商品開発のアドバイスなど)。

また、ブレンド塩の原材料確保のため、県南地域農業者・事業者とのマッチングをコーディネートしました。

くまもと産業支援財団と連携し、調味料マイスターの協力を得て、温泉塩を使った料理メニューの開発やゆず胡椒の試作を支援しました。

【誘客アップの企画立案助言等】

御立岬の誘客アップのため、企画立案を支援するためのアドバイザーを派遣し、ターゲットやコンセプトを明確にすること、縁(塩)を深めるための話題作りにつながる企画提案などを受けました。

また、敷地内のシンボルタワーに設置する鍵を使ったオブジェについて、鋳造業者とのマッチングをコーディネートしました。

(3)連携機関

 

(4)成果等

温泉塩を活用したブレンド塩(甘夏、茶、えび等)、地元産の柚子、トウガラシを使ったゆず胡椒などを平成29年度に商品化予定です。

また、誘客ターゲットをカップルに絞り、景観を生かした撮影スポットの案内板を設置し、案内板を掲載した御立岬公園のパンフレットを作成したほか、シンボルタワーに“恋人たちが誓う岬”のシンボルとなる新しいオブジェを設置しました。

(5)事業者の声

 県南地域に加工品の試作や相談ができる施設があるので助かりました。親身になって相談にのっていただき、的確なアドバイスをいただきました。また、いろいろな研修もご案内いただき、商品開発や販路開拓を進める上で非常に役立ちました。

今後も、他の事業者と連携しながら商品開発や販路開拓を進めていきたいと考えていますので、マッチングやコーディネートをお願いします。

 

 



  • ピックアップ記事1
  • ピックアップ記事2
  • ピックアップ記事3
  • ピックアップ記事4